クリームを顔に塗る時に気をつけること

美容クリームは塗っていますか?
なんのために塗っていますか?
保湿のために塗っているのであれば、これって実は、カサついているところだけで充分なんです。

顔全体がカサついていると思われた場合は全体に塗ればいいとおもうのですが、その場合は保湿効果のある成分が入ったものを使用するようにしましょう。
油分がある乳液とかではないんですね。

30代までは、油分があるので、余裕はあるんです。これがだんだんと少なくなっていくんですね。
部分的に目立ってくるのが目元であったり口元。これらは注目しておきましょう。

この部分がカサついた場合は、この部分だけにクリームを塗っていくのがいいです。
油分を足す感じですね。

種類としては、しっとり系がオススメです。
サラサラ系もありますが、私にはあいませんでした。

40代に突入すると、皮脂の分泌が本当に減ります。なのである程度いい感じのボリュームで塗ってしまっても問題ありません。
カサカサしてきているんじゃないかと思うところなんかがいいですね。

→ 間違ったお肌ケアはもうウンザリ 

いつつければいいのか、ということですが、これは化粧水、美容液のあとです。

べっとり塗るのではなく、かるーく、戸言った感じでなじませていきましょう。
塗るのは、乾燥していると思うその部分だけでいいです。

目元に塗る場合は、叩くのがいいですね。もちろん軽くです。そーっと。口元も同じです。
どちらも薬指を使うのがいいですね。

しかし、シミやくすみの原因にもなりかねないので、こするのは厳禁ですよ。

→ 【41歳】肌がつるつるになる方法を集めてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする